宇宙シロクマ

Tuscan Blue's blog

『カフカの東京絶望日記』新エピソード完成披露試写会 舞台挨拶&ロケ地レポ

 

カフカの東京絶望日記』地上波放送おめでとうございます! 

 

鈴木拡樹さんの「コメディドラマ初主演作」と銘打たれて配信された「カフカ」が、この秋、「地上波ドラマ初主演作」に進化して帰ってきます。 

 

拡樹さんによると、みなさんと「地上波にも挑戦できるといいね」とお話していたそうで、その目標がかなったことが本当にすばらしいですね。

 

全6話なのですが、それだけで終わってしまうのはもったいないほどおもしろいドラマなので、シーズン2、シーズン3……と、続いていくといいですね。

 

さらに試写会では、来夏に映画化が期待できるようなアサダアツシさんの発言も……(!?)

 

一体どこまで進化するのか、これからも応援していきます!

 

🍉 目次 🍉 

 

f:id:tuscanblue2015:20190804221225j:plain

 

番組詳細

 

MBS「ドラマ特区」枠で2019年9月12日から放送開始!

毎週木曜深夜0:59~

全6話 

主演:鈴木拡樹

監督:加藤拓也(1話~3話)、坂下雄一郎(4話~6話)

企画・脚本:アサダアツシ

原案:「マンガで読む絶望名人カフカの人生論」(著:平松昭子、監修:頭木弘樹、刊:飛鳥新社)

制作プロダクション:ダブ

製作:「カフカの東京絶望日記」製作委員会・MBS

番組公式ページ:

 

新エピソード完成披露試写会・舞台挨拶

 

2019年8月2日(金)

開場19:00  開演19:30 

会場:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場

スクリーン1(612席の最大スクリーン)

登壇:

鈴木拡樹さん(カフカ

アサダアツシさん(企画・脚本)

坂下雄一郎さん(監督)

 

f:id:tuscanblue2015:20190804221605j:plain

 

最大スクリーンは満席でした。

 

まず、配信されている第1話が上映されたので、あらためてご紹介しますね。

 

『変身』を書く前のカフカが、現代東京下町のアパートに住んでいて、パン(生活)のためにパン屋でアルバイトしている……というシュールでおもしろい短編です。

 

未見の方は、ぜひごらんになってみてくださいね。

 

第1話(前編)カフカカフカに絶望する

収録:2019年1月下旬、配信:4月2日(火)~

バンダイナムコyoutube公式チャンネル

第1話(後編)カフカ、パンに絶望する

配信:4月9日(火)~

メイキング

 

カフカは、見た目が拡樹さんの姿そのままなので、とっても好きな役です。

 

でも、外見は拡樹さんでも、表情も雰囲気も本作の「カフカ」そのもの。

 

声も拡樹さんより低くて、憂鬱なブルートーン。

 

そして、カフカには常に、通奏低音のように「絶望」がただよっているのです。

 

実在した作家のカフカというよりも、それを踏まえた上で、拡樹さんが生み出した新しいキャラクターだといえます。

 

哀愁に満ち満ちたカフカを、拡樹さんはリアルに繊細に演じていて、そこが最高におもしろい。

 

史実でも、1912年の1月といえばちょうどカフカが「変身」を書く前で、苦悩に満ちていた時代です。

 

「現代東京の下町のアパートでひとり暮らし」というドラマの設定とオーバーラップして絶妙な味わいがあります。

 

小説家であるためには執筆しなくてはならないのに、パンのためにパン屋で働かなくてはならないから小説を書く時間がないという悲哀。ジレンマ。

 

着眼点が最高におもしろいドラマだと思います。

 

f:id:tuscanblue2015:20190804222151j:plain

「絶望名人カフカの人生論」も深くておすすめです

 

続いて、「猫」の第2話、そして「承認欲求」の第3話が上映されました。

 

公式のツイートで猫とカフカが見られます:

 

1話もおもしろかったのですが、さらに凄いことになっています……!

 

拡樹さんのさまざまな魅力が表現されているので、ファンは最高にうれしいし、深夜に初めて見る方は「誰これ……?」と興味をもつのではないかと思います。演技の引きがものすごく強いので。

 

拡樹さんは、映像でのお芝居がさらに上手になっていました。

 

特に、猫とカフカが最高。

 

猫と一緒のシーンが、ぞくぞくするほどおもしろい。

 

抱き方や目線がリアルで、ギャグで、繊細で……ほんとうに凄かったです。

 

 

3話の上映が終了した時点で、およそ50分ほど経過していました。

 

何分の番組になるのかは発表されていないのですが、CMやOP/EDが入って1回30分ほどになるのでしょうか。

 

f:id:tuscanblue2015:20190804223104j:plain

カフカさんのコーヒーカップ(珈琲達磨堂にて)

 

上映の後は、舞台挨拶です。

 

拡樹さんと、アサダアツシさん、途中から監督の坂下雄一郎さんが登壇されて、興味深いお話をたくさん聞くことができました。

 

公式ツイート:

 

拡樹さんは、カフカのお仕事を引き受けるにあたって、まず「現代東京」を舞台にする意義について考えたそうです。

 

20世紀初頭の人物であるカフカが現代にやってきて、「猫」や「承認欲求」という身近なものを題材にすることで、今のわたしたちがカフカの「絶望」に共感しやすいようになっているところが秀逸な脚本だと語っていました。

 

また、拡樹さんによる坂下監督の逸話も興味深かったです。

 

坂下監督は撮るシーンの流れを事前に明確に決めていて、それ以外は撮らないことも多かったそうです。

 

そのため、撮るのがすごく早いので、撮影が予定よりも早く終わる日が続いて、スタッフもキャストも笑顔だったそうです。

 

拡樹さんもゆっくりお風呂に入って翌日にそなえられたとのことで、何よりでしたね!

 

(坂下監督は、理想が頭の中に明確にあるのでしょうね。3話以降、どのような撮り方になっているのか楽しみになりました。)

 

 

また、キャストもスタッフも明るくて良いメンバーばかりで、楽しく撮影期間が過ごせたそうです。

 

拡樹さんが良い現場に恵まれて楽しくお仕事されたということがわかって、うれしかったです。

 

最後に拡樹さんは、「現場で楽しく作っていると作品にもあらわれると思うので、それがみなさんにも伝わるとうれしい」「絶望がテーマですが、みなさんを明るくしたいというコンセプトで作っています」という趣旨のことを語っていました。

 

「一瞬でも頬をゆるめてくれるとうれしい」という言葉に、絶望して倒れたカフカの顔に最後にうっすらと浮かぶほほえみを思い出しました。

 

夜空に浮かぶ薄い月のように、心に残るほほえみです。

 

 

f:id:tuscanblue2015:20190804221343j:plain

 

アサダアツシさんは、いつもは脚本家として自分をおさえて執筆されることが多いそうなのですが、カフカに関しては「俺が見たい」を最優先したそうです。

 

それが結果的にファンにもよろこんでもらえるのではないかというお話で、大きな拍手が起こりました。

 

「俺が見たい鈴木拡樹」を書いた付箋が100枚くらいたまっているそうなので、ぜひ全部使ってほしいですね!期待しています。

 

さらにアサダさんからは、来年の夏にはここで映画を上映したいというお話まで出ました。

 

しかもなんと、『カフカの東京絶望日記 inハワイ』(!)

 

アロハシャツと短パンを着た拡樹さんが見たいそうです。

 

拡樹さんは、「似合わないだろうな~」と笑っていました。

 

たしかに、拡樹さんご本人とハワイはかなり遠いところにあると思いますが、そのギャップがいいのかもしれませんね。

 

アロハシャツと短パンを着て、首にレイをかけて、麦わら帽子をかぶって、うつろな目をしてたたずんでいるカフカちゃんの姿が目に浮かぶようです。

 

リアルハワイになるのか常磐ハワイになるのかはわかりませんが、どこが舞台であってもおもしろいと思うので、ぜひ、映画化を実現してほしいですね!

 

オフィシャルレポート:

 

ロケ地レポ

 

珈琲達磨堂

f:id:tuscanblue2015:20190804223041j:plain

 

カフカさんの行きつけの喫茶「ナルメ友」のロケ地、「珈琲達磨堂」さんにうかがいました。

 

雰囲気のある素敵なお店です。

 

マスターがとてもご親切な方で、いろいろとお話を聞かせてくださいました。

 

f:id:tuscanblue2015:20190805034657j:plain
 

劇中でカフカさんに出されるコーヒーカップは、ウェッジウッドの「サムライ」です。

 

わたしは陶磁器が好きなので、ドラマを見たときからこの選択に心惹かれていました。

 

拡樹さんとサムライのカップって、これ以上はない組み合わせだと思いませんか?

 

武士の役を数多く演じている拡樹さんなので、このカップが選ばれたのかしら……?

 

一体、誰が選んだのかしら……?

 

f:id:tuscanblue2015:20190804223112j:plain

下から2段目の左端がサムライ

 

マスターによると、このカップを出すことにしたのはマスターなのだそうです。

 

でも、拡樹さんがサムライをよく演じているということは知らなかったそうなので、偶然のたまものだったのですね。

 

ちなみに、お店にあるサムライは、カフカさんの一客だけだそうです。

 

おいしいお料理とコーヒーで、楽しいひとときが過ごせました。

 

珈琲達磨堂

東京都葛飾水元5-17-13

(JR金町からバスで10分ほど)

営業時間:11時~21時

定休日:毎週月曜日(祝日の場合は営業)

(その他のお休みがある場合もございますので、念のためにサイトでご確認ください)

公式サイト:https://www.darumado1988.com/

 

 

長楽製パン 

f:id:tuscanblue2015:20190804230049j:plain
 

カフカがパンのために働いているパン屋さん、長楽製パンさんにもうかがいました。

 

とてもかわいらしいパン屋さんなので、ドラマ用にいろいろとデコレーションされたのかと思っていたのですが、なんとそのままの姿で実在していたことに驚きました。

 

店名も、雰囲気も、ドラマの世界観にぴったりですよね。

 

(今思えば、アサダアツシさんが1月末にツイートしていたこの写真……長楽さんの側面の外壁ですね。https://twitter.com/slantsense/status/1089806078043250688

 

f:id:tuscanblue2015:20190804223200j:plain

 

お店の一角にはテーブル席もあって、焼き立てのパンや飲み物をいただけます。ふかふかで、幸せの味がしました。

 

奥さまも店員さんもとてもご親切で、いろいろと良くしてくださいました。

 

2回目のロケのときに拡樹さんにいただいたというサインも見せてくださいました。

 

f:id:tuscanblue2015:20190806231803j:plain

 

カフカといえばカメロンパン!ですよね。

 

わたしも食べてみたくて、自分で焼いてしまったほどです。

 

f:id:tuscanblue2015:20190521071513j:plain

 

でも、長楽さんでは残念ながら販売されていないのです。

 

メロンパンはあったので、トングではさんで買いました。(カフカさんがトングではさんでいた部分ですね!)

 

f:id:tuscanblue2015:20190804223208j:plain

 

拡樹さんが6月末のFCイベントで、「実は、お店ではカメパンは販売されていなくて、特別に作っていただいた」というお話をされていました。

 

そして、もし、これからカメパンを希望するお客さんの声が多くなったとしたら、もしかすると作っていただけるかもしれませんね、そうなったらいいですね……という(MCの方との)会話の流れになりました。

 

その時点では、ドラマはまだ1話が配信されただけで、2話が一体いつになるのか、わたしたちにはまったくわからない状態でした。

 

なので、わたしは、これはきっと何か展開があるのだろうと思ったのです。

 

なぜなら、もしカフカが1話か2話で終わってしまうのだとすれば、拡樹さんのような方は、そんなことは言わないのではないかと思ったからです。

 

きっと何かあるのだろうと思ってはいたのですが、まさかの地上波進出という形で実現してとってもうれしいです。

 

目標にしてがんばってきたことが叶うなんて、本当にすばらしいと思います。

 

カフカの人気が爆発したら、いつの日か、カメロンパンが店頭にならぶ日もくるかもしれませんねʕ ❛ᴥ❛ʔฅ🐢

 

長楽製パン

東京都葛飾区四つ木2-7-12

(京成の四ツ木駅から徒歩10分ほど)

営業時間:8時~20時

定休日:月曜日、第1&第3日曜日

(その他のお休みがある場合もございますので、念のためご確認ください)

f:id:tuscanblue2015:20190804223133j:plain

カフカが頭をごんごんしていたレンガ壁

 

掲載情報

 

雑誌

 

09月04日発売

「TV LIFE テレビライフ19号(9/6号)」(学研プラス)

INTERVIEW 鈴木拡樹 in『カフカの東京絶望日記

​定価:370円

感想:https://twitter.com/tuscanblue2015/status/1169224051459424256

 

08月24日発売

デジタルTVガイド2019年10月号(全国版)」(東京ニュース通信社)

定価:450円

拡樹さんの「カフカの東京絶望日記」グラビア&インタビュー

​オフショット

https://twitter.com/digitaltvguide/status/1164424848547860486 

 

​感想

 

拡樹さんは、役作りのためにカフカの手紙を読んだそうです。

 

手紙には驚くようなことが書かれているのですが、よく読んでみると、人を楽しませるためにあえて自虐を入れているのではないかと考察していました。カフカにはエンタテイナーなところがあるのではないかと…

 

拡樹さんも、さりげなく面白いことをして人を楽しませるのが好きですよねʕ๑′ᴥ‵๑ʔ

 

 

Web記事

 

 

9月12日​

🍉TVfan Web

取材日:試写会の8/2

 

🍉V-STRAGE バンダイナムコアーツ

​取材日:試写会の8/2

 

拡樹さんが舞台と映像での演技の違いについて語っている、とても読み応えのある良インタビューです。

 

写真プレゼント:

https://twitter.com/VSTORAGE/status/1172064926891773952

感想:

https://twitter.com/tuscanblue2015/status/1172081270014087169

🍉Real Sound映画部

取材日:試写会の8/2

 

写真プレゼント:

https://twitter.com/realsound_m/status/1171972362037628928

​感想:

https://twitter.com/tuscanblue2015/status/1171993295242661890

 

9月11日

🍉TV LIFE Web

 

雑誌のTV LIFEと同じ取材時(試写会の8/2)の記事ですが、一部以外は異なる内容です

 

感想:

https://twitter.com/tuscanblue2015/status/1171993295242661890

09月09日

🍉エンタメステーション

 

写真プレゼント:

https://twitter.com/essite_official/status/1170895098189701121

感想:

https://twitter.com/tuscanblue2015/status/1171618484221931520

 

f:id:tuscanblue2015:20190904090648j:plain

名物のコッペパン。あずきをトッピングしていただきました

 

ここまで読んでくれて、ありがとうございましたʕ๑′ᴥ‵๑ʔ

 

カフカの放送が待ち遠しいですね!